ロティ・オランのレッスン


b0355958_00115082.jpg

このパンの顔

ロティ・オランのパン本の表紙にもなっているあのパンです(←正しくはフィグ・エ・ノア)。


昨日はロティ・オラン堀田シェフのレッスンに参加してきました。
習ったのはフィグ・エ・ノアとチャバタとマスカルポーネ ティンブレッドの3種類です。


b0355958_23495603.jpg
↑こちらシェフのデモのパン 左からフィグ・エ・ノア、マスカルポーネ ティンブレッド、同じ生地での角食、チャバタ


数ヶ月前から楽しみにしていたレッスン。
でも、蓋を開けたら、私のイメージしていたレッスンとは大きく違っていました。


シェフのレッスンは、ただシェフのパンのレシピを習うのではなく、本当に色々考えさせられるレッスンでした。
「なぜ」このレシピにこの材料が入っているのか
「なぜ」ホイロがこの時間なのか、
「なぜ」このパンチのしかたなのか

…に始まり、
「あなたはどう考えているのか」「なぜそう考えるのか」を次々と問われました。


b0355958_00011457.jpg
   ↑レッスンで焼いたパン2種


とにかく頭が忙しかった~(@_@)
高加水の生地に振り回され、
製法や工程の意味を問われ…

今までオルゴールのねじ位のゆっくり回転だった私の頭は、
いきなり業務用ミキサーの「H」くらいにぐるぐると回転。
知識やパワー…色んなものが溢れ出すレッスンの終盤には、頭痛すら感じました。


b0355958_00014732.jpg
↑レッスンで焼成したマスカルポーネティンブレッド



1日経ってクールダウンさせて、怒涛のごとく過ぎた時間を振り返り、
昨日シェフが問われていた事の意味…ようやくそれがわかってきました。

それぞれのシェフのレシピ(材料、配合)や工程には確固とした作り手の意図があること。
それを読み解き正しく解釈する大切さ。
そのためには知識が必要。(粉の特性、その材料がもたらす効果、製法の意味と効果…etc)


b0355958_00273714.jpg
↑チャバタは持ち帰り生地を自宅で焼成。高さは出たが、気泡は出なかった。まだまだだ!


そのためには、
与えられた事(レシピなど)をただ模倣するのではなく、考える事。
常になぜ?の心を持ち、感度を磨く事、「主体的に」関わること
そして勉強する事。


b0355958_00302666.jpg
↑持ち帰り生地のマスカルポーネ。ちょいと締めが強すぎた


今回はちょっと固い内容になっちゃいましたね。
これからの自分への備忘録、教訓として、
敢えて今の気持ちそのままを書き留めようと思います。
がんばれ、私‼︎


たくさんの気づきを得た貴重なレッスン、貴重な時間でした。





Commented by milleoven at 2017-04-17 07:58
ついに!だったんだね^ ^
あのレッスンを受けて、なる、この気持ちがわかるよ。

わたしも、最初のレッスンは、チャバタとフィグノアだった〜!
最初は特に、頭の中がパニックだったよ。

きっとまた来てくださるのかな♡次回も楽しみだね!
レポート、楽しみにしています。
Commented by tairapan at 2017-04-17 19:41
わー、ご本でみるあのパンが!

レッスンお疲れ様でした<(__)>
充実感で溢れているご様子、羨ましいです。
私もyoutubeで見ながら、憧れていましたが、
頭がパンクするほどの情報量との噂にビクビク・・・(笑)
整理するのは大変そうですが、その分ためになりますよね。
(youtubeの短い動画ですら、ためになる)

boule_megさんのパンからますます目が離せなくなってきました!
Commented by かな at 2017-04-17 20:25 x
おお〜〜!!
ロティオランのレッスン、一度は参加してみたいなぁと思ってました!!
札幌で行われたんでしょうか??

フィグ エ ノア、レシピ本のパンだーー♡
本は持ってるけど、このパンは一度も焼いてないや…(^▽^;)
じゅわっと気泡とごろごろフィリングが本当に美味しそう♡

堀田さんのレッスン、理論を掘り下げていくという噂を聞いてはいたのですが、かなり面白そうですね!!
私もパン作りの中で「なぜ??」「どうして??」と思うことがあまりにも多くて…(;´▽`A``
パンのレシピや生地の扱いは教えてくれても、こういう根本的なことをきちんと教えてくれる方はあまりいないような…
教室の先生にきいても、すっきりとした答えをもらえないことも…ヾ(´ε`;)ゝ

めぐさんのスキル×堀田理論で(笑)
ますます素敵なパンが見られそう♡
わくわくしますo(*^▽^*)o~♪
Commented by boule_meg at 2017-04-17 23:35
> milleovenさん

ついについに‼︎
でも、悲しい事に、まだショック状態から抜け出し切れてないわ‼︎

多分、レッスンを受ける私達の理解レベルを測ったり、パンに対する姿勢(レシピへの解釈など)への気づきを与えるために、敢えて揺さぶりをかけられたのだと、今なら分かる…(T_T)

この経験はゆっくりゆっくり咀嚼して自分の糧にしていきたいな…^_^
Commented by boule_meg at 2017-04-17 23:49
> tairapanさん

はい、そうなんです!

そして、まだ頭パンク状態から抜け出してません(^◇^;)
それくらい「揺さぶり」をかけて気づきを与えてくれました。
どういう意味ですごいレッスンなのか、前情報も得ず、脳内お花畑状態でレッスンに参加したものだから、余計に大変でした…(笑)

tairapanさんなら、よりたくさんのものを得る事ができるレッスンだと思います!


Commented by boule_meg at 2017-04-18 00:07
> かなさん

習っているパン教室で行なわれた堀田シェフの講習だったの。

うんうん!
そういう根本を見る目を刺激してもらったわ‼︎

今ね、ものすごいエネルギッシュなライブに(しかもそこにいる人みんながライブメンバー的な)行った後みたいな感覚です(@_@)

これからゆっくり咀嚼して今回の経験を自分のものにしていきたいな!
by boule_meg | 2017-04-17 00:03 | パン教室 | Comments(6)

パン、ときどきおやつ。そして日々のくらしなど…。


by boule_meg