ビーツのカンパーニュとディアマン

赤白ボーダーの好きな
漫画家先生の服みたいなの焼けました。

b0355958_00252678.jpg

ビーツのカンパーニュです。
ボーダーの服みたいだなぁ…と感じてしまったら、どう見方を変えようとしてもボーダーの服にしか見えず…(≧∀≦)
わたくし、クープのセレクトを間違えたようです



先週、スーパーの産直コーナーでビーツが売っていました。
パン友のじゅんさんがビーツで可愛いカンパーニュを焼いていたのを思い出し、
早速私も1つだけ買って帰りました。

じゅんさんの粉や製法についての知識は、もうプロよりもプロ‼︎
いつも勉強させてもらってるの!
美しい写真にも毎回ウットリです❤︎


私はこちらの方法で下処理を。


下処理をしてピューレにしたら、甘い!
例えるなら…そう!甘いほうれんそう…
↑じゅんさんの感想のまんまだし(≧∀≦)!



とりあえず手持ちのPAINDUCE本の配合比率を参考に仕込んでみました。

b0355958_00281858.jpg

ビーツがひねりのある風味なので、甘み、香りがあって個性のある粉で仕込んでみる。
キタノカオリT85、ヌーベルバーグ。
なつめビール酵母元種



ピンク?茶色?はたまたラクダ色か?
肉眼ではベージュ寄りのほんのりピンクなんだけどねf^_^;(負け惜しみじゃないよ)

b0355958_00290196.jpg

いつものカンパより温度を下げて焼いたんだけどね。まだ高かったみたい。
それと、火が通るとビーツの色が抜けるので、
もう少しビーツピュレの割合を上げたほうがいみたい。



パンに入れて焼いても、ほうれんそうに似たひねり(エグみの一歩手前な感じ?)は健在。
でも、家族たちにはとても好評でした。
ちょっと癖のある食材と合うみたいです。



さて、残りのピューレで立て続けに焼いたカンパは、次の時に…!





またまた仕込みました。
小嶋ルミさんのサブレ。
b0355958_00345774.jpg
今回は紅茶とプレーン。

プレーン、初めて作ったのだけど、繊細な味わいで病み付きになりそうです。



おやつに。やっぱり美味しい♪
b0355958_00385186.jpg


今回、焼成温度を変えて少し低めで焼いたところ、
底面が上面よりも広がっている(切り株のような)ものがちらほらと…。
ちょっとの温度の違いで焼き上がりに変化があるんですね。
焼き菓子の奥深さを感じました。



Commented by chawatamago77 at 2017-11-27 22:00
めぐみちゃん♪こんばんは!
お揃いでボーダー着ちゃうよ(笑)
わたしもビーツは最初甘いと聞いていたので洗脳された甘さ(笑)ではなく野菜の甘味。そうほうれん草だよね。土臭い牛蒡にも似た様な。
サブレもとっても美味しそう!!紅茶とほっ一息タイムに呼ばれたいです♪♪

Commented by boule_meg at 2017-11-27 23:58
> chawatamago77さん

ちゃわさんこんばんは〜〜(*^o^*)
あはは(≧∀≦)
ついでにグワシ‼︎って言って欲しい❤︎←コラ
さすがほうれん草の仲間だけあって、土の香りと力強い味ですね♪でも癖になる!

もう地物のビーツは手に入らないだろうから、また来年ビーツパンの続きをやってみたいな^_^

サブレ、美味しくて危険…!
誰かが焼いてたらたまらなく食べたくなる…軽く中毒かも…(≧∀≦)
by boule_meg | 2017-11-27 00:45 | パン | Comments(2)

パン、ときどきおやつ。そして日々のくらしなど…。


by boule_meg