人気ブログランキング |

<   2016年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0355958_17453075.jpg

パン教室で持ち帰った生地を焼きました。

久しぶりのクロワッサン。

全粒粉と胡麻入り
ホシノルヴァン使用。

折り込みまではパン教室で。
その後の工程は家でやりました。

以前クロワッサンを焼いた時、生地からどんどんバターが流れ出し、
庫内バター海峡の恐怖を味わって以来、折り込みは避けていて…
レッスンがきっかけだけど、また折り込みに向き合えてよかった。
もう2度と折り込みなんかやるもんか!と思っていたから〜!(ToT)

b0355958_15582801.jpg


今回はホイロも焼成温度も慎重になりすぎたようで…
ザクザクにはなりきれないサクサクソフトなクロワッサンになりました⤵︎

b0355958_23053215.jpg

断面
ね。ソフト系…⤵︎
何とも惜しい(ノ_<)
バターの流出はほとんど無しだったのが一番の収穫!
…でもやっぱりザクザクのやつを食べたいから、また作ります。


今回はもう1種類持ち帰り生地がありました。

ホシノのパン・オ・セレアル
b0355958_22590527.jpg


ライ麦、ミューズリー、レーズン入り。
トップにはシードミックスを。

b0355958_22590611.jpg


本来のレシピはミニパウンド型で焼くのだけど、手持ちがないので普通のパウンド型で焼成。
ふんわりした部分が多いからこれはこれでいいかも!

b0355958_22590614.jpg


キタノカオリとライ麦入り。
キタノカオリらしく高さが出たました。食感はしっとりふわんです。

牛乳、バターが入ったちょっと甘めのソフト生地。
ホシノの甘い風味にとても合うレシピでした。

パン教室では
どんなパンを作るのか。
そのためにはどんな粉を使うのか、
どんな作り方をするのか
という事を学べていつも勉強になります。
同じクラスの方とのおしゃべりも楽しい!
月イチの私の楽しみの時間です。





by boule_meg | 2016-11-28 17:45 | Comments(2)
b0355958_13472837.jpg

近ごろ忙しくて、ちょくちょく家用のパンを焼けませんでした。
そこで家族で食べる朝ごパン用にまとめてパン焼き!

さあ、何焼こう?

頭に浮かぶのは、定番のバゲットとクッペ。

酵母は生ホップとヤマグミ酵母元種
ヌーヴォー小麦のスムレラとヌーベルバーグ、OPERA、ラリュンヌT55
加水は75%

自宅用なので、思いっきり好きな配合で。
ざっくりとあらかた混ぜたら、バゲット用とクッペ用に生地を取り分け。

b0355958_13472837.jpg

バゲット
今回は前よりも高い温度で焼成。
さっくりと軽く焼けて満足。

b0355958_13472958.jpg

クッペとチーズクッペ
チーズは思いっきり入れて。
おウチパンの特権!

b0355958_14005910.jpg

おやつ用にしつこくウィークエンド。
やっと少しコツわかってきた。
それと引き換えに、家族からは「またか…」と
いささか冷え気味の視線が…(^-^;
もう少しレパートリーを増やさなきゃ。


b0355958_13510694.jpg

日没後に焼きあがった酵母マフィンは
次の日にスナップ
クランブル載せと半々で。
クランブルはメロンパン用のクッキー生地で、私はアーモンドとヘーゼルナッツのプードルを入れる。
まとめて作っておくと便利だなぁ。
卵バター不使用。

b0355958_13510631.jpg

今までの中では1番良くできたかも…!
ふわふわ、ホロホロ〜〜❤︎
生地が詰まって見えるところは全部チョコレート。


さて
なぜ忙しかったかというと…

子どもたちの用事が重なったり

頼まれパンを焼いたり…
b0355958_13510630.jpg

b0355958_20341414.jpg

↑バラバラ。余裕の無さがわかる

寒い屋外で、パン生地作りのお手伝いなどしておりました。(これが一番こたえたなぁ…)


by boule_meg | 2016-11-26 13:49 | パン | Comments(3)
b0355958_22514202.jpg


2種類のカンパーニュを焼きました。
ノアレザンエオランジュ(胡桃とレーズンとオレンジ入りのカンパーニュ)と柿のカンパーニュ。

ん?柿⁈

そうなんです。柿。

これはインスタグラムのパン友さんのアイデア。
加水分全量を、超熟した柿に置き換えてパンを焼いていたんです。すごいアイデア!

ちょうど野菜室には完熟してジュレ状になった柿がひとつ…
うーん。
加水分全量を柿に置き換えられないけど、私もその新しいパンに遭ってみたい!
という訳で仕込み仕込み〜♬

前回と同じくライ麦元種で。
粉は石臼挽き春よ恋と横山製粉の全粒粉タイプFのミックスを15%、それにはるゆたか100。

それを分割して、2種類のカンパーニュに。

b0355958_22514363.jpg

左上の色黒クンが、柿のカンパーニュ。

ねっとりと濃厚な甘さになるだろうと想像し、ねっとり濃厚仲間の?黒いドライ無花果が欲しいところ。
だけど、家に在庫なし‼︎
なので、(同じにはならないけど)プルーンと白いドライ無花果、ペカンナッツ
そして酸味のアクセントにチョコを。

少しでも柿の固形分が残っていることを期待して仕込んだけど、これが見当違いで…。
混ぜている間にみるみると水分に化けて、もうデロンデロンのドロリッチΣ(゚д゚lll)
後で水分計算したら115%だった〜(;ω;)

もうロデブでもリュスでもいけそうな緩さ。
だけどカンパーニュで食べたくて、パンチを増やし、強めに畳んで何とか成形にまでこぎつけた。ふーε-(´∀`; )


b0355958_23461171.jpg


クープもパンの高さも思うところは色々あるけど、今の私には、カンパーニュとして焼けただけでもよしとしよう…。

急に用事ができ、冷め切らないうちにカット。なので断面は微妙です。

帰宅してちゃんと冷めたものを食べてみたら、クラムはみずみずしくシュワっとしていました。
チョコがいい酸味のアクセントになっていて、自分的にはヒットです。


ノアレザンエオランジュ。
b0355958_10024379.jpg



今朝食べてみました。
b0355958_10024331.jpg


フィリングはたっぷり90%。
でもライ麦元種のおかげでクラムはふんわり。
熱湯処理よりもずっと扱いやすい生地なので、気軽に仕込めます。

熱湯処理したライ麦生地のベタベタっぷりって、結構心が折れそうになりますもんね!




by boule_meg | 2016-11-16 09:16 | パン | Comments(3)

ライ麦元種のハード系


b0355958_09510307.jpg


先日のポーリッシュ種
少し多めに仕込んでおいて、粉と水を足しながら生ホップの元種を作ろうとしていました。
同時に、久しぶりにライ麦元種でパンを焼きたくなり、こちらも生ホップ液種で起こしていました。

ところが‼︎
夜種継ぎをして、寝る前に冷蔵庫に入れようと思っていたのに、すっかり忘れて暖かい冷蔵庫の上に朝まで放置…(*_*)
ホップ元種さんは、強烈な酸味の酵母となっており、泣く泣くお別れしました…(悲)

一方のライ麦元種は、長時間放置に関わらず酸味もなく元気だったので、今回はこちらでパン作り。


b0355958_19585772.jpg


ライ麦元種のバゲット
久しぶりにメゾンカイザートラディショナルで。
今は北海道産小麦Onlyでパン焼きしているので、MKTDは2年くらいぶりに焼きました。

ライ麦の香ばしい香りにMKTDの香ばしい香りが乗っかって、強い風味のバゲット。
加水は80%くらい!

…これは私には強すぎたかなぁ。
グラタンと共に食べました。
b0355958_15032816.jpg



カンパーニュ生地。
微粉彩春よ恋、はるゆたか100、ラ・リュンヌT55(はるきらり)のブレンド。
加水は75%
チーズ入りの方は、ペカンナッツやアーモンドを。
b0355958_19403138.jpg

チーズは、「牛印」のやつ(*≧∀≦*)


カンパーニュ生地で小さなパンも。
b0355958_00024834.jpg

少し余ってた粒あん、ナッツ、クリームチーズを入れて。
昔から大好きな地元のパイ菓子をイメージ。
クリチは沢山入れた筈なのに、焼いたらほとんどなくなっていて…(・・?)

綴じ目成形のパンは、下のムスメと一緒に成形。
ムスメのパンの方がキレイな綴じ目クープに焼き上がっていて、ショックです。
私、偉そうにレクチャーしていたので…‼︎

即刻切り刻んで、「フィリング見せ」という名の証拠隠滅を図りました。


このフィリングの組み合わせは、ライが入らないコンプレ生地でも美味しいかなぁ…なんて思いました。

また作ってみます。




by boule_meg | 2016-11-14 00:01 | パン | Comments(0)

ウィークエンドシトロン

b0355958_00450207.jpg


自由が丘ベイクショップのレシピ本
「a day in the bakeshop」から
ウィークエンドを作りました。

お菓子作りはどうも苦手で、ほとんど作りません。
作らないから手際が悪い。手際が悪いから……と、スパイラルにはまっているんでしょうね
f^_^;

こちらはバターと砂糖をすり混ぜる作り方とは違って、全卵を泡だてて溶かしバターを入れるレシピ。
うう…(>人<;)
泡だてが超苦手!
泡立て完了の目安もわからないまま、とにかくレシピ通りに材料を混ぜ、オーブンにシュートイン。

すると、どんどん釜伸びし始めて
オリジナルのレシピ本とは全く別物のフォルムになりました。(予想外)


グラサージュがうまくいかず白くないのが気になって、次の日に2台目を焼いてみました。
甘さもかなりアメリカ〜な感じだったので、2台目は砂糖を減らして…

2台目(=2号)が焼き上がって、
グラサージュが乾くまでの間に1号の実食。
あれ⁈1号、ふわふわで美味しい。
b0355958_21281494.jpg



ムム。
気になって、2号もカットして味見。
b0355958_21281442.jpg


右が2号、左が1号。
同じ材料、焼き時間だけど、生地の色が違う。
卵の泡だて方の違いかな⁈2号はややどっしりした食感。
私は1号のふわふわが好き。
夫は2号のしっかりした感じが好き。

グラサージュも2号は粉糖をレモン汁でのばしてみました。
口に入れた時にふわっと抜けるレモンの風味が楽しいです。


b0355958_08374682.jpg


後日
お菓子名人の友人に、泡立て完了の目安をわかりやすく教えてもらいました_φ(・_・

お菓子も少しずつトライしていきたいな…





by boule_meg | 2016-11-11 08:35 | お菓子 | Comments(0)

ドルチェでバゲット


b0355958_11550913.jpg


バタバタしてしまい、ブログの方は少し間が空いてしまいました。

先日、ずっとやってみたかったふたつの事に挑戦しました。

ひとつは、ポーリッシュ種でパンを焼くこと!

本捏ね生地にポーリッシュ種を30%。
このポーリッシュ種は生ホップ液種を使用しました。

b0355958_15003206.jpg




ふたつめは
ドルチェでバゲットを焼くこと!

tairapanさんの焼くかっこいいドルチェのバゲット。
ずっと憧れていたのですが、今回やっとトライできました。

しかし、ビビりのワタクシ。
いきなりドルチェ100%で焼く勇気が持てず、保険に美粉彩春よ恋を15%。
加水は72%
春恋の保険をかけても、さすがにユルユル(>人<;)

b0355958_16483550.jpg


ドルチェといえば、お菓子用の粉。
焼いたらどんな味になのか、とっても気になるところでしたが
香ばしい、おいしいバゲットになりました。

さらに驚いたのは、食べた時の食感!
クラムの口溶けがすごい。
唾液でシュルシュル〜〜っと溶けていく!

もうこの口溶けが面白くて「試食」という名のつまみ食いが止まらない~(΄◞౪◟`)

今度焼くときには、加水を下げてドルチェ100%でいってみようかな?(まだビビってる)


b0355958_13524845.jpg



今回のポーリッシュ種につかった、生ホップの酵母液種。
ウエダ家式で起こして、冷蔵庫でずっと出番待ちでした。
初めての活躍の場で開けてびっくり!

去年仕込んだホップ液種とは香りが違うのです!
去年は少しピリッとしたビールらしいドライな香りでした。
ところが今年のはとてもフルーティーな香り。
ふしぎ!


b0355958_13524842.jpg


給食調理室が使用不可で、中学生の娘も毎日弁当持参です。
この日のリクエストは、ドルチェバゲットでカスクルートでした。

朝ごはんの準備と並行して弁当作業。
夫と同じ弁当にしてくれれば準備が楽なのに、なかなか好みにうるさいお年頃…。

…あ〜忙しい!




by boule_meg | 2016-11-09 13:52 | パン | Comments(6)

パン、ときどきおやつ。そして日々のくらしなど…。


by boule_meg